葬式のマナー

This page:葬式のマナーTOP > 葬式のマナーについて > 弔電について

弔電について


弔電は、すぐに葬儀に参列できない場合や出席できない場合に弔電を打つのは葬儀のマナーとして大切です。

弔電の打ち方ですが、宛名は普通は喪主ですが、喪主が分からない場合や喪主と面識がない場合などは、直接あなたが関わりのある親族宛てに送ることもあります。

弔電は通常自宅へ送りますが、通夜や葬儀が斎場で行われる場合などは、自宅ではなく直接斎場へ送る方がよいでしょう。

内容は弔意を表す言葉で打つようにします。郵便局や電話帳などに載っている例文を利用しても構いませんが、その際に故人にふさわしい言葉を添えるのが大人のマナーと言えます。

弔電は通夜や葬儀の間に届くようにします。もし、どうしても間に合わない場合には弔電は避け、後日、手紙か電話でお悔やみの言葉を述べるようにしましょう。

 


サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者