葬式のマナー

This page:葬式のマナーTOP > 葬式の服装について > 略礼服(ブラックスーツ)について

略礼服(ブラックスーツ)について


略礼服とは、いわゆる一般的なブラックスーツのこと。日本独自の略礼装で、朝から夜まで、慶事・祝事・弔事と、着方によって冠婚葬祭にオールマイティに対応できる便利な礼服です。
慣習的に慶事には白かシルバーのネクタイを、弔事には黒のネクタイを合わせる。

男性の場合は、ブラックスーツに黒のネクタイを。女性の場合は、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものを。普段着と併用している場合には、スカート丈の短いものはやめておきましょう。
アクセサリーやバッグについては、基本的にはアクセサリーははずしましょう。つける場合には、真珠で一連のチョーカーをさりげなくつけるくらいに。ゴールドは、指輪でも不謹慎ですので気をつけましょう。バッグは、黒色ならいいですが、ショルダータイプのものは、できるだけ避けて下さい。やむを得ずショルダーバッグで参列する際は、肩には掛けずに紐を結んで手に持つようにしましょう。

子供の場合は、中学生や高校生なら制服が無難です。幼児についても黒の服があればベストです。ない場合は、白のブラウスかシャツに紺のセーターや、紺のスカートやズボンをを着せ、白の靴下をはかせます。子供の服で注意したいのは、フリルなどが付いているものは、避けましょう。


サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者